ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

なぜ定期検診が大切なのか

歯科医院で歯の定期検診を受けているという方はどのくらいいるのでしょうか。中には歯医者が苦手で、歯に異常が出て我慢の限界まで放置するという方もいるかもしれません。しかしそれでは最悪の場合、大切な歯を失うことになるかもしれません。金銭的にも負担が大きくなり、入れ歯や差し歯、インプラントなどは特に高額になってしまいます。また、最近では歯周病が脳梗塞や心筋梗塞などの原因の一つになっているとも言われ、単に歯医者嫌いでは済ませられない事態にもなりかねません。

そうならないためにも、予防歯科として歯科医院での定期検診が重要になるのです。むし歯があるかどうかチェックするのはもちろん、歯石取りや歯のクリーニング等も行います。また、歯垢が残っているところをチェックしてブラッシング指導などもしてくれるので、毎日の自宅での歯のケアも精度が高まります。

通う頻度はおおよそ3ヶ月から半年に1回程で良く、検診にかかる費用も治療費に比べれば随分と安く済みます。定期的に通えば例えむし歯になったとしても、ごく軽度のもので治療も簡単に済みます。

一番理想的なのは、まだ乳歯の子供のうちから定期検診に行く習慣をつけることです。そうすれば歯は健康を保てるし、むし歯治療で痛い思いもしないので歯医者に対する苦手意識も生まれないでしょう。

かかりつけの歯医者を見つけ、定期的にメンテナンスしてもらうという簡単なことだけで、口内の健康が保たれるのです。一つしかない自分の歯を守るためにも、健康のためにも歯科医院での定期検診は非常に重要です。

ページの上へ戻る

虫歯にならないためにすべきこと

虫歯にならないためには、口の中をアルカリ性に保つことが重要です。食べた後、口の中にいる虫歯菌は、糖をエサにして酸を出します。酸は、歯のエナメル質を溶かしてしまうので、虫歯になってしまいます。食後は、アルカリ性の唾液によってゆっくりと口の中が中和されていきますが、だらだらとお菓子を食べていると、口の中が常に弱酸性となり、虫歯菌が繁殖しやすくなります。食事をした後は、速やかにデンタルリンスをして、歯磨きをしましょう。



それから、歯に付着した歯垢は、たった2日で硬くなり歯石となり、歯の表面にこびり付きます。こびり付いた歯石の表面はざらざらしているので、虫歯菌が付きやすくなり、虫歯になりやすくなります。



毎日のブラッシングで、歯垢を落として、歯石にならないように気を付けていても、ブラシが届きにくい箇所や磨きにくい箇所がどうしても出てきます。そのため、歯医者には、虫歯になっていなくても定期的に通って、歯をキレイにしてもらうことで、虫歯になりにくい歯を維持することができます。



予防歯科に力を入れている歯医者では、歯の正しい磨き方の指導や、フッ素治療なども行っています。若いうちから、歯医者に通って虫歯になりにく歯にすることで、年を取っても自分の歯で食事をすることが可能となります。予防歯科は、お金がかかると思われる方がいますが、虫歯の状態が悪化してから治療するよりも実は安く済み、体全体の健康にも有効な習慣なのです。信頼のできる歯科医を見つけて、長く自分の歯をケアしてもらいましょう。

ページの上へ戻る

なぜ歯周病は危険なのか

歯茎が痛んだり、血が出たりしてもなかなか歯科医院には足を運ばず放置される方も多いと思いますが、その痛みが実は全身の健康を脅かす危険性があるのです。

歯茎が痛んだり腫れたりするのは歯周病という病気が原因です。今までは歯周病は口内だけの問題とされてきましたが、研究が進むうちに歯周病菌が血管を通って全身に回って様々な悪影響を及ぼす事が分かってきました。

歯周病菌によって糖尿病や肺炎、骨粗鬆症にかかるリスクが増大します。女性ならばへその緒を通じて妊娠中の胎児への影響が考えられ、低体重児の出産や早産の恐れがあります。

これらの問題は歯周病をしっかりと歯科医院で治療する事でグッとリスクを減らす事が可能です。全身の健康の為にも定期的に歯科医院での検診をおすすめします。

ページの上へ戻る
初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858