ホーム > メタルフリー治療

メタルフリー治療について

大阪府松原市の藤田歯科医院では一切金属を使わないメタルフリー治療をおすすめしています。
インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)の治療では一部(または全部)金属を使用することがありますが、金属アレルギーの危険性や時間がたってから治療箇所付近に現れる歯ぐきの黒ずみ、経年とともに歯茎がやせて金属部が露出する“ブラックマージン”がでる可能性があります。
保険診療では、インレーやクラウン、ブリッジなどで使える素材に制限があるのでほとんどは金属を使用しての治療になります。コスト面だけ考えれば、保険診療はメリットがありますが肉体的な負担や見た目といった点を考えるとメタルフリーの治療(保険のきかない自由診療であることが多い)より劣ります。

藤田歯科医院では、専属の技工士がおり自院で歯科素材の加工が行える為、他院よりも安価でメタルフリー治療が行えます。
また、金属は価格に変動がありますが、ジルコニアやE-MAXなどのメタルフリーの素材にはそのようなことがなく価格的にも安定しております。

メタルフリーの歯科素材は複数ありますので、それぞれの特徴や性質を活かし、患者様の症状や口腔内の状況、ご希望を考慮して適切なものを選ぶことが大切です。

E-MAX

E-MAXは比較的新しい歯科素材で、高い強度と審美性を兼ね備えたセラミックの1種です。藤田歯科医院ではivoclar社製の特別な圧縮機で患者様お一人お一人の患部に正確にフィットしたE-MAXのインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)といった修復物を作成しております。

E-MAXは白さがあり見た目は美しい素材ですが、透明度が高く元の歯の色を良くも悪くも拾ってしまうため、クラウンなどでは内側に目立たないファイバーポストコア(こちらもメタルフリーの素材です)などを使用します。また、元の歯としっかり密着するので患部から再び虫歯になりにくく、プラークも付きにくいというメリットがあります。
さらに、他のセラミック素材に比べて優れた耐久性(疲労耐性)があり、長く使い続けることができる素材であると言えます。

ジルコニア

ジルコニアはスペースシャトルの外壁にも使われるほど強く耐久性のある素材です。
また、歯科以外でも、医療において人工関節で使われるなど、生体親和性においても安全が確認されております
これまではオーダーメイドでの削りだし作業が必要で、非常に手間と労力がかかりましたが現在ではコンピューター技術の進歩で精密に計算された切削加工やデザインが機械で行えるので、以前よりずっと利用しやすくなりました。

また、人工のダイヤモンドにも使われているほど強度のある素材ですが、金属の1/3ほどの重さなので、ブリッジなどを作った時でも軽く感じます。
歯の詰め物・被せ物などでご不明点がある方は大阪府松原市の藤田歯科医院までご連絡下さい。

ジルコニアとE-MAXの使い分け

ジルコニアの強度は歯科素材の中で最も強いものですが、白さや美しさは他のセラミックより劣ります(ジルコニアはセラミック素材の1種です)。そのため、前歯ではより美しいE-MAXを交えたものを使用し、奥歯ではすべてがジルコニアのジルコニアフルクラウンを使用する・・・など使い分けを行います。

それぞれの費用についてはこちらをご参考下さい。

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858