ホーム > インプラントと入れ歯

インプラントと入れ歯

インプラントで快適な食生活を取り戻しましょう

歯が抜けても、快適な食生活を続けたい方には、インプラントがおすすめ!
大阪府松原市にある藤田歯科医院では患者様の歯の状態に合わせたインプラント治療にご提案致します。

歯を失った場合の対処法は?

歯を失った場合の対処法は?

加齢や歯周病、虫歯などが原因で歯を失ってしまった場合でも、入れ歯やブリッジ、インプラント治療をほどこすことで、再び快適なお口を取り戻すことが可能です。
では、入れ歯、ブリッジ、インプラントはそれぞれどう違うのでしょうか。


入れ歯
手軽な反面、笑ったとたんに外れてしまったり、食事のときに食べかすが隙間に入ったりと、不快を感じる患者様もいます。

ブリッジ
入れ歯よりは歯が固定されますが、歯磨きが難しかったり、支台となる歯を削らなくてはならなかったりといった問題があります。

インプラント
アゴの骨格に歯をしっかりと固定します。費用と治療時間はかかりますが、ご自分の歯と同等の力で噛むことが可能です。

当院におけるインプラント治療

当院では、動脈や神経を傷つけないよう安全面に細心の注意を払いつつ、料金の面でも、少しでも患者様の負担にならないよう治療を行っています。

また、インプラントの施術をする前に、まず歯周病の治療を行い、口内環境をクリーンにします。その上で、人工の歯根(インプラント)を埋入し、顎の骨にしっかり固定してから、人工の歯を装着させます。

以下の様な方は、インプラントが適しています

取り外し式の入れ歯を望まない
入れ歯が安定しなかったり、会話中にはずれることが多い
入れ歯のために、歯をみせて話したり、笑ったりするのが恥ずかしい
ブリッジのために健康な歯を削られたくない
以前と同じご自分の歯のように自然な歯を望む

ご質問がある方は大阪府松原市の藤田歯科医院にご連絡下さい。

インプラントの治療法

 (1)歯が中間で 1 本抜けた場合
となりの健康な歯を削る必要がなく、抜けた部位に人工の歯を取り付けます。治療の跡もわかりません。

(2)歯が中間で 2 本抜けた場合
インプラントは抜けた部位に埋め込むため、間に健康な歯があっても問題ありません。顎の骨にしっかり固定されているので、以前と同様、強い力で噛むことができます。

(3)奥歯が数本抜けた場合
インプラントを埋入したあと、インプラント同士を連結します。 入れ歯を固定するためのバーや金具が不必要なので、汚れがたまることもなく、口臭の心配も減ります。

(4)歯が全部抜けた場合
連結された維持装置に入れ歯を固定していきます。まるで自分の歯のように自然に仕上がります。

あごの骨に金属を埋め込むことに抵抗があります。体に害はありませんか?

インプラントには「チタン」を使用します。
チタンは体になじみやすく、腐食しませんから安心です。
チタンアレルギーなど心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

ページの上へ戻る

インプラント治療ができないのはどんなケースですか?

下記のケースでは適用できないこともあります。
成長期の方(およそ 16 才以下)の方
アルコール依存症の方
チタンのアレルギーを持っている方 等
 
詳しくは直接ご相談下さい。

ページの上へ戻る

インプラントの治療期間は?

通院期間は治療の内容や進め方によって個人差がありますが、だいたい3~6ヶ月くらいが目安です。
通院回数は約6~8回くらいです。

ページの上へ戻る

インプラントの手術は痛くないですか?

局所麻酔を使用しますので、痛みはありません。
通常1時間から2時間ほどの手術になります。

ページの上へ戻る

インプラントはどれくらいもちますか?

インプラント自体は変質したり、腐食したりすることはありません。
半永久的にもちますが、お手入れは必要です。
通常の歯のケアと同様、こまめなブラッシングを心がけてください。

ページの上へ戻る

インプラント治療に保険は適用されますか?

現在は保険外となっていますので、自費治療となります。

ページの上へ戻る
初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858