藤田歯科医院 スタッフブログ

2017年1月19日 木曜日

スケーラーとは

松原市の歯医者は、歯科用品のスケーラーを使用して、歯石の除去を行います。スケーラーというのは、歯医者が歯科検診などの時に持つ金属製の道具のことで、フック状の先端と針のように尖った先で歯石にアタックするのがその役目です。

松原市の歯医者が歯石をとるのにスケーラーを使うのは、スケーラーのように硬度を持つ鋭い歯科用品でなければ、石のようにこびりついた歯石に太刀打ちすることができないからです。歯垢の時点では、歯ブラシでも糸ようじでも簡単に取り除くことが可能ですが、その質が変化して硬質になってしまえば、もはや普通のマウスケアでは対抗することは叶いません。

歯石は虫歯や歯周病の元となる恐ろしいものですから、松原市の医院も早急な除去を推奨しています。スケーラーはそのように歯石を隅々まで効率よく取るために、活躍する道具なのです。

歯に歯肉に舌に粘膜と、傷つきやすいもので構成されている口内には、本来スケーラーのような尖った道具を入れるのは大きなリスクになります。歯石をとるつもりでいても、万が一にでも他の部分に接触してしまえば、出血や破壊は避けられません。

だからこそスケーラーは、素人の使用は控えるべしといわれます。入手自体はネットから手軽に行える道具ですから、自宅で歯垢除去を試すことは難しくはありませんが、口の中のものを傷つけず目的を果たすのはとても困難なこととなるので、歯石が気になる時には専門家に任せるのが一番であると言われます。

投稿者 医療法人藤田歯科医院 | 記事URL

2017年1月19日 木曜日

メインテナンスとは

歯医者で行う歯科治療の中では入れ歯治療や部分入れ歯治療、そして入れ歯を橋のようにして文字通りブリッジとするブリッジ治療のほかにも、松原市の歯医者や歯科では人気となっているインプラント治療や矯正歯科、小児歯科において松原市の歯医者や歯科におけるインプラント体であるフィクスチャーを埋め込んで人工歯根とする松原市の歯医者や歯科を厳密に精査する必要がある事がインターネットの歯科医院の患者様を調査したアンケート結果で明らかになっている事が以前よりも声高に叫ばれていますが、歯科治療におけるメンテナンスとは、一般的には虫歯治療で詰め物として詰めた詰め物のインレーの他に、クラウンであるかぶせ物、そしてインプラント治療で埋め込んだインプラント体が歯周病に似ている症状を引き起こしてしまうインプラント周囲炎などを発症するかどうかを瀬戸際に立って見極めると同時に、クラウンをどれだけ精査してインレーとする事が出来るかどうかを保険診療の保険適用の入れ歯で精査する事が必要であり、メンテナンスを行う上では歯科治療におけるホームケアである患者様がご自分で行う事が出来る毎日の歯磨きであるブラッシングによるプラークコントロールも広い範囲で言えばメンテナンスにもちろん該当するという事実を多くの患者様が知らないという事態に際しては、歯科医院で積極的にメンテナンスについて歯科医師と歯科衛生士がともに患者様にアドバイスをさせていただく事となっています。

投稿者 医療法人藤田歯科医院 | 記事URL

2017年1月12日 木曜日

残存歯と生涯医療費の関係

虫歯治療やインプラント治療、入れ歯治療が松原市の歯医者や歯科で行われるようになってからは、虫歯にかかっても松原市の歯医者や歯科で適切な治療を受ける事が出来るようになり、松原市の歯医者や歯科ではインプラント治療も合わせて患者様のご希望があれば随時行っているという事で従来の歯科治療に関して以前より嫌悪感や恐怖感を抱く患者様が少なくなってきている事が明らかになっているとインターネットの口コミサイトの掲示板や巨大匿名掲示板では判明していますが、歯科治療の技術が進んでも天然の健康な自然な歯はどんな優れたインプラント治療であごの骨である歯槽骨に埋め込まれたインプラント素材よりも、どんなに優れている総入れ歯やノンクラスプデンチャー、BPSデンチャーと比較してもはるかに優れた性能や機能を天然の状態で兼ね備えている為、残存歯が生涯医療費に大きく関係している事がインターネットのサイトではさかんに取り沙汰されるようになってきていますが、残存歯が多ければ多いほど、虫歯の数や歯周病を患う確率が下がる事に加えて心臓や脳血管疾患などの病気にかかる確率も残存歯が多い人の方が確率的にはるかに低くなるというメリットがあり、残存歯が多く残っている人は食べ物もしっかりと噛む事が出来て胃腸などの消化器官系にも負担が少ないばかりか、脂肪がつきにくくなるゆっくりとした食事を天然の残っている健康な自然の歯であれば達成出来るという事実が明らかになってきています。

投稿者 医療法人藤田歯科医院 | 記事URL

2017年1月12日 木曜日

日本と海外の予防歯科への認識の違い

日本は先進国であり、歯の予防ということにおいては取り組みが進んでいるように思いますが、海外との比較ではどのようなことが言えるのでしょうか。松原市の歯医者では予防歯科という点においては、日本はまだまだ十分ではないという認識を持っており、もっと徹底させる必要性を感じています。他の外国の先進国においてはこうして点が進んでいて、かなり国民に認知されている部分があります。とはいえ新興国においてはまだまだの部分があり、各個人にその点については任されている部分があります。

松原市の歯医者が説明するところによると、予防歯科を徹底するためには、その重要性を強調する必要性があり、外国ではそれがしっかりできている国があり、そうした点においてはその良い点を取り入れ見倣うことができるのではないかと考えています。

国によって違いがありますが、肌の色はどうあれ、同じ人間ですので、歯においてはいかにケアを徹底するかどうかがポイントになります。また甘いものを食べる習慣があるとむし歯になりやすいのは確かですので、その国によって食べるものが違うということも影響してくる部分はあるかもしれません。いずれにしても日本はお菓子や甘いものがたくさんある国ですので、松原市の歯医者では予防歯科への取り組みをすることで、むし歯にならないというお口の健康を第一にすることがとても重要ですし、それができれば、トータルで治療費を少なくすることができるのです。

投稿者 医療法人藤田歯科医院 | 記事URL

2017年1月11日 水曜日

8020運動について

8020運動は年齢80歳で自分の歯をすくなくとも20本以上は残っているようにしようとする運動です。8020運動が本格的に始まる前には欧米に比べると日本では歯に対する意識が低かったこともあって、高齢者では自分の歯が残っている割合はかなり低いことがありました。高齢者でも自分の歯がたくさん残っているほど、健康的に生活できることから、8020運動は厚生労働省や日本歯科医師会を中心に強く推進されてきました。松原市の歯医者でも8020運動の進められてきたのです。

高齢になっても20本の自分の歯が残っていれば相当に固い食品でも噛めることができることが分かっていますので、高齢でも20本の歯が残って入れば良好な咀嚼ができるということにもなります。しかし、8020運動が始まった当初のデータによると80歳で20本の歯が残っている人の割合は10%にも満たない状況でありましたが、8020運動が人々に知られることになってからはどんどんと20本以上の歯が残っている人が増えて最近のデータでは40%に近い80歳の高齢者で20本以上の自分の歯が残っているようです。これからも20本の歯の残っている高齢者は増えることは間違いないでしょう。しかし、まだまだ60%近くの人は20本以下の歯で不自由をしているということでもあります。欧米などではもっと高率で20本以上を達成しているところもあるので、日本における8020運動はまだまだ道半ばといっていいでしょう。

投稿者 医療法人藤田歯科医院 | 記事URL

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858