藤田歯科医院 スタッフブログ

2017年1月12日 木曜日

日本と海外の予防歯科への認識の違い

日本は先進国であり、歯の予防ということにおいては取り組みが進んでいるように思いますが、海外との比較ではどのようなことが言えるのでしょうか。松原市の歯医者では予防歯科という点においては、日本はまだまだ十分ではないという認識を持っており、もっと徹底させる必要性を感じています。他の外国の先進国においてはこうして点が進んでいて、かなり国民に認知されている部分があります。とはいえ新興国においてはまだまだの部分があり、各個人にその点については任されている部分があります。

松原市の歯医者が説明するところによると、予防歯科を徹底するためには、その重要性を強調する必要性があり、外国ではそれがしっかりできている国があり、そうした点においてはその良い点を取り入れ見倣うことができるのではないかと考えています。

国によって違いがありますが、肌の色はどうあれ、同じ人間ですので、歯においてはいかにケアを徹底するかどうかがポイントになります。また甘いものを食べる習慣があるとむし歯になりやすいのは確かですので、その国によって食べるものが違うということも影響してくる部分はあるかもしれません。いずれにしても日本はお菓子や甘いものがたくさんある国ですので、松原市の歯医者では予防歯科への取り組みをすることで、むし歯にならないというお口の健康を第一にすることがとても重要ですし、それができれば、トータルで治療費を少なくすることができるのです。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858