藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年12月27日 火曜日

インプラント、入れ歯、ブリッジの違い

歯を抜かなければならない場合にその抜いた後の部分をどうするのかということを考えなくてはいけません。そのままにするとその周囲の歯そして上の歯にも影響を及ぼしてしまうことがあります。そして見た目にも、また食事のときにも歯が抜けたままでは気持ちがよくないものです。ではそのように抜けた部分にはそれをカバーするものとして3つの方法があり、それがブリッジそして入れ歯、インプラントというものです。松原市の歯医者ではその3つのメリットそしてデメリットを説明しながら歯科治療としてベストな選択をしてもらえるように患者に説明していきます。
松原市の歯医者では歯科治療としてブリッジが一般的であり、保険が適用されること、そして違和感も比較的少なく見た目もいいということでこれを選択する人たちが多いです。このブリッジは歯と歯を橋渡しするようにブリッジを作るものですが、これが歯の状態からすると難しいという場合には入れ歯が選択されます。入れ歯は一般的ではあり、安価にできますが、装着感やあまり噛む力を出すことができないなどデメリットがあります。
そして最後にインプラントですが、松原市の歯医者ではこのインプラント歯科治療を勧めることは多いです。このインプラントは単体でしっかりと固定されるので、隣の歯などの支台歯を必要とすることがありません。さらに噛む力もかなり出すことができるということ、そして見た目にも自然の歯のようになります。そして長持ちをするというメリットばかりですが、費用が高いというのがデメリットとしてあります。この3つの違いを理解すれば、治療の方法を決めやすくなるでしょう。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858