藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年12月19日 月曜日

入れ歯の種類

できればそんなことになりたくないというのが入れ歯ではないでしょうか。金属がむき出しの入れ歯を想像しますが、実はいろいろな材質のものがあり、入れ歯もできるだけ違和感がないように、あるいは馴染みやすいようなものが出てきています。松原市の歯医者では歯科治療をすることで入れ歯を入れることができるのですが、その材質にはいろいろなものがあり、予算や好みに応じて選ぶことができることを説明しています。

その松原市の歯医者では歯科治療によって装着できるものとして、保険が適用されるものとして金属のクラスプのついたものがあり、これが最も安価にできるものです。ですがそれ以外ものとして費用は高くなってしまいますが、コーヌス・テレスコープ義歯という被せるタイプのもの、またスマイルデンチャーというものがあり、これは部分入れ歯で、薄く、軽く、弾力のある入れ歯で、見た目がかなりいいので、評判のよい入れ歯になっています。

またその他にはシリコーン義歯というものでシリコーン素材からできているものであり、軟らかさ、そして金属が当たって痛いという感覚がないために噛みやすくもなります。さらにホワイトクラスプという金属ではなくプラスチックを使用したもの、そしてアタッチメント義歯というものがあります。どれも一長一短があり、金額もまちまちですので、判断が難しいかもしれませんが、松原市の歯医者では、患者の願いや歯の状態を考慮しながら、歯科治療としてベストな入れ歯の種類を提案をしています。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858