藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年12月19日 月曜日

入れ歯とは

入れ歯というと、どのようなイメージがあるでしょうか。おじいちゃんとかがそれを口の中に入れたり外したりしてコップの中に入れているのを見たことのある人たちはそうしたものをイメージするに違いありません。松原市の歯医者ではいればというのは、その抜けてしまった部分をカバーするためのものであり、代わりとなるものをはめ込むことであり、歯科治療が必要になります。抜けてしまった部分というには主にブリッジができるかどうかということを検討するのですが、それでも難しい場合には入れ歯を入れることがあります。

松原市の歯医者では主にそうした場合に部分入れ歯という形になることがほとんどですが、保険治療ということになると金属の部分のあるものを使用するので、痛みが出ることがあったり、違和感をどうしても感じるのでアジャストするために歯科治療が必要になりますし、それをするために健康な歯を削ったりすることも必要になることが多いので、それなりにリスクのあるのも確かです。

入れ歯というのはできれば避けて通りたい道であると多くの人たちは考えていますので、松原市の歯医者ではできるだけ歯を抜かずに治療ができるように歯科治療をしています。そして入れ歯は保険適用外ということであれば比較的入れ歯であることがわかりにくい材質のものを使用することができるし、またシリコン素材のものもあります。入れ歯になることがないように、今ある歯を大切にしていきたいものです。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858