藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年12月12日 月曜日

なぜむし歯になるのか

なぜ、むし歯になってしまうのか。甘いものを食べると虫歯になる。子供の頃はそんな単純な話を信じていて、歯医者さんに行きたくないばかりに甘いものを我慢したりもしましたが、虫歯の原因はもちろん甘いものではありません。原因は様々ではありますが、虫歯を引き起こす第一の要因は歯にこびりついた歯垢。食べかすではないのです。歯垢は、食べかすの中で細菌(プラーク)が繁殖して歯の表面にこびりついたもの。この歯垢が長い間歯にこびりついていることで、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまい、虫歯となっていくのです。歯磨きの目的は、この歯垢を落とすことですが、歯ブラシだけではなかなか綺麗には落とせません。また、歯垢が唾液の中のミネラルと結合することで、歯石となります。そうなると、もう自分では除去できませんので、歯医者さんのお世話になるわけです。(この歯石ももちろん虫歯の原因となります。)歯石を取るために歯医者に行く、という人もいて、虫歯になる前の予防歯科の意識が広がりつつあるようです。松原市でも、予防歯科に力を入れている歯科医院が増えています。松原市民の予防歯科意識を高めるべく奮闘されています。虫歯は一度できたら、治りません。治療をするといっても、それは、できてしまった虫歯が広がらないようにする治療であって、完治ではないのです。治療した歯が再び虫歯になる確率も高い。虫歯の原因となる歯垢をしっかり落とすには、歯医者さんのお世話になるのが確実です。松原市には、土日も診療している歯科医院もありますので、虫歯になる前に、歯医者さんに行きましょう。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858