藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年12月10日 土曜日

歯周病と全身疾患との関連性

成人の8割以上がかかっている病気であり、全身疾患への懸念もあるものといえばなんでしょうか。みんなかかっているのだから自分だけが特別なものではないと緊急感をもたずに放置してしまう事も少なくありません。それが歯周病というものです。歯医者,歯科がこれを危険であると注意を喚起するのには理由があり、それは単なる口の中だけの菌で済むものではなくなることがあるからです。つまり体の別の部分に広がってしまう恐れがあるということで注意をすべきなのです。


歯医者,歯科ではそれが全身疾患と関係すると述べているのですが、その中の1つになるのが、歯周ポケットから歯肉の中に入り込んで、歯肉の毛細血管から大きな血管の中へ、そして循環して心臓に送られてゆき、全身に回ることがあり得るのです。ですからとても怖い病気を口の中に持っているということになるのです。


さらに誤嚥性肺炎を引き起こすことがあるいう点も見過ごすわけにはいきませんし、感染性心内膜炎という病気にかかってしまうリスクを高めることになることでしょう。そして糖尿病を患う人たちはとても多いですが、歯周病とは関連しており、歯周病の治療をすると血糖値が改善されていくということも少なくありません。ですから口の中の歯周病は普通に誰でも持っているものだから慌てることはないという軽率な考えを持つのではなく、できるだけ治療をして治すようにしていく、あるいは改善していくことができるのです。歯医者,歯科では歯周病と全身疾患の関連性をはっきりと理解しています。

松原市のみなさまでご不安なかたは、一度藤田歯科医院にてご相談ください。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858