藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年12月 8日 木曜日

日本と国外の予防歯科への認識の差

痛みなどの症状が出てから仕方なしに歯医者さんへ行くなんて方がまだ多い日本なんですが、海外ではそもそも虫歯などの歯の病気にならないために歯医者に行くことが当たり前の考えとなっています。いわゆる予防歯科という歯医者の形態に対して海外ではごく普通となっており、ある意味日本は海外よりも遅れを取っていると言っても間違いでは無いかと思うんです。

予防歯科という概念が日本に入ってきてそれほど年月が経っていないので、あまり聞き慣れていない方が多いというのも頷ける所があります。歯医者さんに行けばどんな歯の治療でもしてもらえるのだから、少しぐらい放置をしておいても大丈夫なんじゃないかという考えがまだ残っているのではないでしょうか。

海外では歯並びが悪かったり色素が沈着している歯をしている方に対してあまり良くない印象を持つことが多く、そうなってしまう前に子供の頃から予防歯科に行って綺麗な歯にするというのが基本と言っても良いでしょう。日本よりも海外では歯を重要視しているということですが、これからの日本もそうなってくるのではないかと思っています。

自分の歯をいつまでも維持していくというのは健康寿命にも影響があると言われていますので、今はあまり馴染みのない予防歯科ですがきっと将来的には主流となってくるはずです。治療をした歯ではなくあくまでも自分の歯で食事をすることは、健康面でかなりの影響が出てくると思いますので、予防歯科はこれからの日本でもっと広がりを見せてくるのではないでしょうか。松原市のみなさまでご不安なかたは、一度藤田歯科医院にてご相談ください。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858