藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年12月 7日 水曜日

根管治療の重要性

多くの歯医者が根管治療の重要性を語るのは、根管治療を行う時に、歯はすべてを失うか否かの崖っぷちの状況にあると考えられるからです。むし歯が進行し歯の根の先の神経にまで侵食が及び、膿んで腫れて痛みもあって、このままでは歯を抜くしかないというぎりぎりの状況にて、歯医者が持ち出すのが根管治療という歯科治療です。

根管治療では、先の細い歯科用の治療道具を使用して、菌の影響を受けた神経を取り管を消毒し、薬を入れて固めるという所までが一連の行動となります。菌を残したまま固めたり、痛みを伝えることしか機能しなくなっている神経をとり逃してしまうと、治療の甲斐なくまた炎症は起こって、再度の治療や抜歯をせざるを得ない状況に陥ることも少なくありません。歯の状況や歯医者の腕や、根管治療の成功にはあらゆる要素が関わります。

根管治療の難しさから考えると、根管治療を行わなくて済むように、日ごろからむし歯をこじらせないための予防をしたり、歯科へ定期的に通院したりとする努力が重要であることがわかります。歯を失うか否かの究極の場面に置かれてしまう前に、そうならないための手を打つことが大事です。

根管治療を終えた後の歯は、まさしくぎりぎりの状態で生き残った歯となるので、以後しっかりとメンテナンスしていく必要があります。
松原市のみなさまでご不安なかたは、一度藤田歯科医院にてご相談ください。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858