藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年12月 7日 水曜日

支台歯とは

抜けてしまった歯というのは実にみっともないときがあります。特に前の歯が抜けたままになってしまうと、なんともしまりのない、恥ずかしい顔になってしまうことでしょう。ですからもしそんなトラブルがあった場合には早く歯を入れて欲しいと思うに違いありません。その間はできるだけ他の人にわからないようにマスクをするとか、できるだけ口を開けないようにするために無口になったりするかもしれません。歯医者,歯科ではできるだけ早く歯を入れるように最善を尽くしますが、その方法として一般的なのが入れ歯そしてブリッジというものです。それは人口歯となるわけですが、そのときにそれを固定するための支えの役割を果たすもの、それが支台歯ということになります。入れ歯を支えるわけですから、しっかりとしていなければなりませんし、入れ歯を入れて大きな負荷がかかったときに、ぐらぐらするようなものでは支台歯にはならないのです。歯医者,歯科ではそのような説明を丁寧にしていきます。


歯医者,歯科ではその支台歯に入れ歯がしっかりと固定されるように、調整をしなければならず、削ったりして整えることが必要になります。健康な歯を削るということですので、本当はあまりしたくはないことなのですが、構造上これは仕方がないことであり、義歯やブリッジの強度をしっかりするために必要なことなのです。削るということを考えると、支台歯は削っていない歯よりも持ちが悪くなってしまうかもしれませんし、普通の歯よりも多くの負荷がかかるということで大事にすることが必要です。
松原市のみなさまでご不安なかたは、一度藤田歯科医院にてご相談ください。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858