藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年12月 4日 日曜日

子供の虫歯予防について

小さなお子さんを持っている親御さんにとって虫歯は非常に気になるところです。
虫歯になってから歯医者さんで歯科治療を受けるより、未然に予防したほうがお子さんへの負担は軽いです。

未然に予防できれば歯科医院の歯医者さんにお支払いする治療費の節約にも繋がります。虫歯は虫歯菌により引き起こされますが、生まれたばかりの頃は虫歯菌は口腔内に存在していないです。
大人から虫歯菌が移って虫歯になる事が多いのですが、時期が遅くなるほど虫歯にかかりにくい傾向があります。

そのため大人が口を付けたものでご飯を与えない、大人が口にしたものは与えない事が大切です。
その他にも可愛いからと言って口にキスしてはいけないです。さらにきちんと毎日歯磨きを行い、歯垢や糖分をきれいに落としていきます。

小さな子どもの頃は歯磨きを嫌がる事が多いですが、何らかの方法で歯磨きは楽しいものと感じさせると自分から歯磨きを行うようになります。
チョコレートやケーキやジュースなど糖分が多く含まれるものはなるべく避けたほうが良いです。
神経質になり過ぎる必要はありませんが、これらの糖分の多い食品を食べた後は歯磨きを行ってきれいに落として下さい。
大人の虫歯と違い子どもの頃の虫歯は見た目で分かり難い事があります。
知らないうちに虫歯にかかっていると言う事がありますので、歯科医院の歯医者さんに定期的に診て貰うと良いです。
フッ素を歯に塗って貰うと虫歯の予防ができますし、正しい歯磨き方法の指導まで受けられます。

松原市のみなさまでご不安なかたは、一度藤田歯科医院にてご相談ください。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858