藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年12月21日 水曜日

BPSデンチャーとは

歯周病や虫歯、不慮の突然の事故などが原因もしくは加齢によって原因となる歯を失ってしまった場合には、先端のインプラント治療でフィクスチャーと呼ばれるインプラント体を人工歯根として治療を行うノンクラスプデンチャーの松原市の歯医者や歯科では、松原市の歯医者や歯科におけるBPSデンチャーが新しい精密入れ歯を利用した松原市の歯医者や歯科として人気を博していますが、BPSデンチャーとは精密入れ歯の中でも一般的にはいわゆる超精密入れ歯に分類される入れ歯であり、専門の歯科技工士や専門のスタッフにのみ製造が許されているシステムを利用してイボカップなどの圧縮した硬質レジンを使用する事で入れ歯である義歯の精度を極限まで高めながらなおかつ装着した時の感触は非常に自然で入れ歯として最小限の負担を患者様にかけるというレベルの精密義歯として非常に高い人気と支持率を獲得しています。

従来の保険適用の保険診療で行う入れ歯治療においては、どうしても硬質レジンが厚みを持たせてしまう事が原因で入れ歯の土台の部分となる床の部分が厚くなりすぎてしまい、食べ物を食べたり飲み物を飲んだ時に味が分かりづらくなってしまうというデメリットがありました。

しかし超精密義歯のノンクラスプデンチャーやBPSデンチャーにおいては圧縮したイボカップを使用して作られているBPSデンチャーは特に必要なメリットがさまざまに存在している精密義歯として食べ物をおいしく食べる事が出来るのが最大の特徴です。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858