藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年11月27日 日曜日

適切な入れ歯の手入れの仕方

適切な入れ歯の手入れの仕方の基本は、こまめな洗浄にあると歯医者は叫びます。入れ歯を歯として長く快適に使い続けるためには、使用後の放置だけはしてはいけないと歯医者は言います。

入れ歯はまず、使用している時としていない時の、メリハリをしっかりと作ることに使用上の鉄則があります。生えている状態が普通の自然に生えた歯とは違い、入れ歯は本来口の中には存在しないものなのですから、入れっぱなしにしておくことはタブーです。歯科で入れ歯を作成した時にも、歯医者からはその着脱の方法は、初めに指導されます。

入れ歯の洗浄チャンスは外している間にあります。装着状態では、入れ歯の外側しか洗浄することはできませんが、外してから洗うことで接着面も含めた入れ歯の全体をきれいにできます。

入れ歯の洗浄は、専用の洗浄液にて行います。入れ歯をきれいに洗うことは、入れ歯の手入れにおいての最重要ポイントですが、だからといってごしごしと力任せに洗ってよいわけではありません。入れ歯の歪みは入れ歯の劣化に止まらず、口の中の環境の悪化をも引き起こすことになりますので、くれぐれも丁寧に扱うことが大事です。洗浄液へのつけこみ時間を長くすることで、入れ歯の汚れも落ちやすくなるので、染みついてしまった汚れがある時には、力いっぱいこするのではなく長く洗浄液にさらしておきましょう。

入れ歯の手入れを続ける中で、入れ歯の形に変化を感じた場合には、早めに入れ歯を作成した歯科へ持ち込むことがおすすめされます。歯科でのメンテナンスも、入れ歯の質を保つためには重要なことです。松原市のみなさまで入れ歯をお使いの方、正しいメンテナンスについては藤田歯科医院へお尋ねください。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858