藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年11月24日 木曜日

歯がかけてしまった場合の対処法とは

歯が欠けてしまうということはびっくりすることであり、前歯がそうなってしまうとかなり恥ずかしい気持ちになることでしょう。なんらかの衝撃によって欠けるということもあれば、固いものを噛んだときに欠けてしまうということもあるかもしれません。いずれにしても歯医者,歯科ではできるだけ早いうちに治療をする事をすすめています。


では歯医者,歯科はそのような歯がかけてしまった場合の対処としてどのようにするのでしょうか。どの程度欠けてしまっているのかということが1つのポイントになります。少し欠けているというだけであれば、プラスチックの素材のもので詰め物をするだけである程度対処ができるかもしれませんが、歯がかなり欠けているという場合には、すっぷりとかぶせ物をする必要があるかもしれません。銀色のもののあれば白で自然の歯と同じようなものもありますので、そうしたもので対処ができるかもしれません。


一方で歯が欠けたのが衝撃ではなく、単にむし歯や歯周病が原因で弱くもろくなってしまっていることでそうなってしまった場合には治療をかなりすることが求められることでしょう。場合によっては歯を抜くことで対処をするということも少なくないかもしれません。歯医者,歯科では歯が欠けてしまった原因そしてそこにむし歯があるのか、ということを見極めた上で適切な治療をしていくようにします。歯が欠けてしまったら、できるだけ早く診察してもらうことが大切なのです。松原市のみなさまでご不安なかたは、一度藤田歯科医院にてご相談ください。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858