藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年11月22日 火曜日

虫歯の治し方

むし歯とはどのような症状のことをいうのでしょうか。それは口腔内に細菌が産生する酸によって歯が溶けてしまうというものであり、細菌による感染症といわれています。むし歯になると痛みを伴うことが多く、歯そのものが溶けているということで穴が開いてしまう事も少なくありません。奥の歯は特にむし歯にかかりやすく、歯ブラシが十分ではなかったためにそうなる事は少なくありません。歯医者,歯科ではむし歯対策に真剣に取組んでおり、むし歯治療を重視しています。
では歯医者,歯科ではむし歯になってしまった歯をどのようにして治療するのでしょうか。一般的には歯を削って菌を取り除き、それ以上進行することがないようにします。そして溶けて小さくなってしまった歯を元に戻すことはできませんので、その部分に詰め物やかぶせ物をすることになります。多くの場合インレーやクラウンといったものが使用されていきます。また歯の根っこの部分の治療のための根管治療などを行うこともあります。


歯医者,歯科ではむし歯の原因となることにも注目しており、酸の原因となりやすい糖の摂取頻度にも注意をする必要があります。甘いものを頻繁に食べてきちんと歯磨きをしない事が多い人はむし歯にかかりやすいのです。むし歯というのは初期症状であればそれほどひどくはなく、簡単に治療ができ、自分の歯をしっかりと残すことができます。藤田歯科医院では、しっかりと永久歯は生え変わることがないために大事にしなければならないことを説明したうえで、治療内容や予防についてお伝えしてまいります。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858