藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年11月21日 月曜日

インプラントとブリッジの違い

ひどい虫歯は痛いですが、歯を抜いてしまえば失うというのは少し意味が違います。

歯がなくなった場合、その両隣の歯が空間に向かった倒れたりと動き出したり、そのせいで歯並び全体に影響が出ることもあるので、速やかに間を埋めなければなりません。

歯科治療でそれを解消するなら、代表的な方法はブリッジとインプラントです。

ブリッジというのは名前の通り、橋のように、失った歯の両サイドをつなぐように、長い被せ物をする感覚の歯科治療です。これによって歯の位置が固定されますし、噛む力はやや弱まりますが失った歯の場所でも物を噛むことができます。治療方法も、虫歯治療の延長にあるようなやり方で、特殊な技術はいらないので一般的な歯医者でも可能なのが良い点です。

ただ、両サイドの歯が健康な歯でも削らなければならないというデメリットはあります。


インプラントは、顎の骨に人工歯を植える、といった歯科治療です。顎の骨に土台を埋め、定着させ、その上に人工歯を取り付けるので、ほとんど自分の歯のような感覚で食事ができます。またブリッジのように横の歯に迷惑をかけないというのが良い点です。

デメリットは、治療費が高額だということです。また治療が難しく、歯茎を開いて顎の骨に土台を埋めるのは、口腔内の手術に近いです。なのに、特殊な訓練をした歯医者以外の、講習を受けただけの歯医者でもインプラント治療を行っている場合もあり、歯医者選びには時間と手間をかけなければなりません。腕の違いで治療後はまるで変わってくるからです。藤田歯科医院では治療前に十分に良し悪しをご説明いたしますので、松原市のみなさまはご安心して来院ください。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858