藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年11月20日 日曜日

ノンクラスプデンチャーの特徴

ノンクラスプデンチャーの入れ歯は、柔らかく装着しても外れにくいという特徴があります。審美歯科的に見た目も良く、フィット感もあります。金属を使わないので、違和感もありません。素材は、ナイロン製なので簡単には壊れにくいです。そして、柔らかい素材なのので、たわんでも元に戻りやすく、丈夫なので耐久年数にも優れています。但し、総入れ歯をノンクラスプデンチャーで作ることはできません。部分入れ歯専用となります。


ノンクラスプデンチャーの唯一のデメリットは、修理ができないという点です。保険内で作る入れ歯で、アクリルやポリカーボネントなどのプラスチックで出来ているタイプは、歯医者で修理ができますが、ポリアミドというナイロン素材で出来ているノンクラスプデンチャーは、修理ができません。例えば、留めている歯が歯周病などでグラグラして抜いてしまった、という場合は支えが無くなるので、ノンクラスプデンチャーの入れ歯が使えなくなります。そのため、歯医者で作り替える必要が出てきます。


歯周病の方で、ノンクラスプデンチャーの入れ歯をしている場合は、必ず歯医者で、定期的に予防歯科治療を受けることで、入れ歯の作り替えをせずに長く使用することができます。それから、インプラントにしたいけれど、骨粗鬆症の治療をしているため、インプラントすることができないという場合にも、ノンクラスプデンチャーはお勧めです。また、ノンクラスプデンチャーは、メーカーによって硬さや色合いが微妙に異なります。
松原市のみなさまで、入れ歯を考えている方は一度よく相談をして頂きたいと思います。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858