藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年11月18日 金曜日

レジンクラウンとハイブリッドクラウンの違い

むし歯が進んでしまうと、歯がなくなってしまって噛み合わせが悪くなったり見た目が悪くなってしまいます。そのための治療として、差し歯を入れて噛み合わせと見た目を良くしています。差し歯には、レジンクラウンとハイブリッドクラウンと呼ばれる差し歯があります。差し歯を入れるときにどちらを入れるのか歯科医から聞かれることはありますので、違いを説明していきます。レジンクラウンの特徴は、白さはあるものの材質に透明感を感じることはありません。しかし、値段がとても安く保険適用で5000円ほどで装着できることから歯医者での差し歯は人気があります。装着するには金属を使って装着されるため、歯を上から覗かれときには金属部分が見えてしまいます。装着するためには、2回ほど歯科医院に通う必要があります。ハイブリッドクラウンの特徴は、レジンクラウンよりも白さや透明感が実物の歯に似ていることが大きな特徴です。また、装着のために金属を使用していないため、どこから見られても差し歯をしていることが分かりにくいです。外見が気になるという人には歯医者さんはこちらをすすめてきます。型取りは2回ほど歯科医院に通うことになります。ただ、保険が適用されないため値段が高くなることがデメリットになります。高いもので10万円前後の値段がすることから、歯医者さんも誰にでもすすめるようなことはしません。保険適用で治療費を安く抑えたいのでしたらレジンクラウンを選ぶのが無難ですし、見た目にこだわるのならハイブリッドクラウンを選ぶことになります。最近は健康面からもハイブリットクラウンを選択される患者様が増えているので、松原市にお住まいのみなさまも一度ご検討頂ければと思います。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858