藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年11月14日 月曜日

根管治療とはどんな治療であるのか

歯科や歯医者で行う歯科治療には虫歯治療を始めとして歯周病の治療などさまざまな種類の治療がありますが、歯科や歯医者で行われる虫歯治療の中でも特に歯科医師の技量と治療の精密さ、そして歯科医師の経験が問われる虫歯治療が歯の根っこの掃除を行う根管治療と呼ばれる虫歯治療になります。

根管治療は虫歯の状態の中でも主にC3以上まで進行してしまった虫歯の歯科治療時に歯医者が行う治療法となります。

根管治療は具体的にはリーマーとファイルという歯の根っこの管である根管内を清掃する為の道具を使って歯の根っこの神経をこそぎ落としてゆくように挿入します。

そして挿入したリーマーやファイルをグリグリと円を描くように回し、歯の根管内の神経を断ち切ってゆきます。

根管治療は歯の根っこの部分にあたる根管内部にまで虫歯が進行してしまった場合に行われる治療であり、根管治療後には根管内に再び虫歯菌や各種の細菌が浸入して繁殖しないように薬剤を充填し、その上から蓋をした後にかぶせ物であるクラウンを使用して虫歯の治療を終える流れとなります。

根管治療で治療後に細菌繁殖や虫歯菌により痛みが出た場合は再治療に入ります。

根管治療時には歯の根っこの神経を掃除する治療や、歯の神経を抜く抜髄などの治療が必要となります。

根管治療は一度治療を行った後に虫歯が再発する事もありますが、そのようなケースでは根管治療のやり直しや根管治療で症状の改善が見られない場合には抜歯という選択肢も残されています。松原市にお住まいのみなさまには、虫歯の進行が進まぬうちに治療に入るか、未然に防いて長く自分の歯で食事をして過ごして頂きたいと思います。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858