藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年11月11日 金曜日

差し歯による歯茎の変色(メタルタトゥー)は、元に戻せますか?

メタルタトゥーと呼ばれる、金属の差し歯による歯茎の変色は、歯医者の治療により改善することも可能です。治療は、まず変色の原因となっている、差し歯やその土台に使われている金属を排除することから始まります。

金属はそこにあるだけで少しずつ溶けて、歯肉を黒ずんだ色にしてしまうので、歯医者による早急な処置が求められます。金属を歯医者の手によって取りだした後には、セラミックなど金属ではない素材で改めて補強を行います。金属を完全にとってしまうことができたら、それから先の変色の進行はぴたりと止まります。

歯肉の変色期間が長く色が染みついてしまっていて、今原因を断っても既に変色している歯肉は自然には改善しないだろうと考えられる時には、金属除去に続いて歯科用レーザーで歯肉から色素を取り除くということをします。歯を白くする歯磨き粉で磨こうと、うがいをこまめにしようと一向に薄まりはしない黒ずみも、専用のレーザーで処置すれば、変色の具合は目に見えて改善します。

今一度差し歯治療をし直して、その上でレーザーを使用してと、金属のせいで黒ずんだ歯肉を元に戻すには、歯科での治療が必要不可欠です。いかに歯磨きを丁寧に行ったとしても、原因が金属にあるわけですから、自力ではそれを改善することはできません。染まっている時間が長くなるほど、色の定着率が上がり回復にも長くかかることになりますので、スムーズに元に戻すために、迷わず歯科を受診するのがよいでしょう。
松原市にお住まいのみなさまも、お悩みがございましたら一度ご相談ください。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858