藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年11月11日 金曜日

根管根充とはどのような状態のことをいうのか

歯医者で虫歯の治療をする場合、程度によっていろいろな対処があります。ごくごく軽い場合はフッ素を塗って様子を見ることもありますし、通常なら虫歯を削って銀歯やセラミックなどで治療をするでしょう。そして深い場合は神経を取る、ということになります。

その際、歯科医が根幹根充という手順を行うことになります。これは一体何でしょうか。

そもそも、歯には神経が通っていて、虫歯がひどくなると硬い歯の部分をこえて、最近が神経にまで到達してしまいます。一度感染した神経は放置しておくと状態が悪くなるばかりなので除去しなければなりません。ただ、単に神経だけ取り除くと、歯の芯にあったものがなくなるわけですから、もろく弱くなってしまいます。これを補強するために、神経がなくなった部分に、歯の根の先まで材料を詰めるのですが、これが根幹根充です。

これを行わずに、上だけフタをするように被せ物をしてごまかすのはひどい歯医者ですが、閉じられてしまえば患者にはわかりません。ただ素人でも判断方法はあります。たとえば、歯医者で最後に被せ物をする前にレントゲンを撮影したか、を確認するのです。
きちんと根幹根充ができているかどうかの確認は、歯科医も見た目ではわからないのでレントゲンを撮るしかないからです。さらに、そのレントゲン写真は歯科医だけでなく、一緒に見ることで、しっかりと治療してもらえたかが分かります。歯の根の先まで白い線のように根幹根充が行われていなければ、歯がもろくなってしまうので指摘をしておいた方がいいでしょう。数年単位で歯の寿命が変わってくるからです。今までの治療がどうだったのか、松原市にお住まいのみなさまでご心配の方は、一度診てもらいましょう。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858