藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年11月 9日 水曜日

歯周病の原因とは

歯周病になる方というのは、歯磨きを怠けていたり、磨き方がヘタだったりといったことが原因だと思っていませんか。実は、そうれだけではありません。
歯周病菌のトレポネーマなどの強い最近に感染した方が、歯周病になります。一旦、歯周病になってしまった後の治療に歯磨きというのは、確かに有効です。歯間ブラシを使用したり、奥歯の裏まで磨くようになれば、歯茎は良くなってきます。但し、これは殆どの場合、一時的なことで終わってしまうことが多いのです。それは、1日に歯磨きに割ける時間がごく僅かだからです。歯周病菌が口の中に存在する限り、歯磨きだけで菌をコントロールしても、再発の可能性は非常に高いのです。


日本人の80%は、歯周病もしくは歯周病予備軍と言われています。歯周病は、最終的に歯の周りの骨が破壊されて、歯が抜けてしまう病気です。歯には、歯垢が付着します。歯垢は、口の中の細菌が食事の中の糖をエサにして、歯の表面にネバネバした物を作り出します。この歯垢の中の細菌が、歯周病菌の原因菌となります。取り残した歯垢が固まって歯石となりますが、酸素の嫌いな歯周病菌は、歯茎の歯周ポケットに入り込んでポケットを深くしてしまいます。ブラッシングをしても取れなくなってしまった歯石は、定期的に歯医者で取り除いてもらうことで、歯周病を予防することができます。歯周病は、放置しておくと、成人病の原因にもなりますので、定期的に歯医者に通って予防歯科に努めることが重要です。松原市のみなさまにも、しっかりと歯医者、歯科に通って予防歯科のケアを受けなければ、再発の恐れがありますので気を付けましょう。歯周病の治療は、歯科技術だけでなく、最新の設備を持っている歯医者を選ぶようにしましょう。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858