藤田歯科医院 スタッフブログ

2016年11月 6日 日曜日

虫歯を放置したらどうなるのか

よく歯医者の患者さんが歯医者さんに虫歯をそのまま放置してしまったらどうなるのですか、という質問をしているのを見かける事がありますが、虫歯はそのまま放置してしまうとおそろしい状態にまで虫歯が悪化してしまう可能性が非常に高くなります。

歯科医院では歯医者さんが虫歯が放置してしまうとどうなるかを患者さんに教える場面が見受けられますので、その際に聞いておく事をおすすめしますが、具体的には、虫歯はまずC1という段階では歯の表面物質であるエナメル質に茶色いシミが出来ているだけで痛みを感じる事もなく、熱い食べ物や飲み物、冷たい食べ物や飲み物、そして硬い食べ物や甘い食べ物や飲み物を飲んだり食べたりしても痛みを感じる事はありません。

しかし、C1の状態からC2の状態にまで虫歯が進行してしまうと、今度はエナメル質の下にある象牙質という歯の構造物質に虫歯が到達します。

象牙質は歯の内部の神経が通っている場所に近い為、C2の虫歯では冷たい食べ物や飲み物、甘い食べ物や飲み物を食べたり飲んだりした時に痛み、しみるといった症状を感じ始めます。

そしてC3の状態になると虫歯は歯髄という歯の神経が通っている部分に到達し、激しく歯が痛むようになります。

C3の状態の虫歯では歯の神経を抜く治療である抜髄を行う必要があり、さらに状態によっては根管治療も合わせて歯科医院や歯医者で行う事となります。

そして歯科医院や歯医者で抜歯の選択肢しかなくなるC4まで虫歯が進むと神経が死んで痛みを感じなくなり、抜歯を行う事となります。
松原市にお住まいのみなさまも、うえに書いてあるように、進行が進む前に歯科医院で治療をすることをおススメします。

投稿者 医療法人藤田歯科医院

初めての方もお気軽にご相談ください 電話番号:072-332-0858